ご依頼について|音楽著作権総合研究所

契約書の知識

ご依頼について

                    

ご依頼の前に

 
 契約書に関しまして、抱えている悩みがどのようなものであっても一度、当事務所にてご相談いただければ、様々な解決の道筋をご提案いたします。  契約に関する最良な対処法は事件・事故が発生する前に手を打つ予防法務です。事前にご相談頂くことで、よりよい結果を導くことが可能となります。  どんな些細なことでも、悩んだ時はまず、当事務所にお気軽にご相談ください。

ご依頼の流れ

 

①お問い合わせ

お電話

まずは お電話または お申し込みフォームよりお問い合わせください。 業務の依頼、電話相談や対面相談のご予約など、現在抱えている案件について
まずはお気軽にお電話やメールをお寄せください。
メール相談に関しては一律「無料相談」扱いとさせて頂きます。
電話番号 075-708-3680 (受付時間:平日 9:00~18:00)
【お問い合わせフォームはこちら】
↓

②面談による相談

ご相談

当事務所またはお客様の会社等で面談による相談 実際にお会いし、詳細な事情と関連資料等を拝見しながら、現状の整理と今後
の見通し、簡易見積もり等をお伝えいたします。
※ご相談料は1時間\5,250-となっております。
↓

③お客様によるご検討

ご検討

お客様の方でご依頼されるかのご検討 ご相談時に決められる必要はございませんので、面談内容を踏まえてお客様
によって慎重にご検討いただきます。
※正式にご依頼頂きますと、ご相談料は返金させて頂きます。
↓

④ご契約とお支払い

お支払い

着手金のお支払いをもって契約書作成の委任開始となります。 あらかじめお伝えしておりますお見積りの半金を着手金としてお支払い頂き
委任契約書等にご署名頂いた時点で正式なご契約とさせて頂きます。
↓

⑤担当行政書士による契約書作成

契約書作成

当事務所の担当行政書士が契約書作成に着手します。 この際、途中で確認事項や必要資料等が発生することもありますので随時
ご連絡を差し上げる場合がございますので、予めご了承ください。
↓

⑥お客様によるご確認

ご確認

出来上がった契約書のタタキをお客様によってご確認頂きます。 ご相談内容と途中のご確認を踏まえた契約書タタキをメール等でお送りいた
しますので、ご確認ください。問題なければ作成終了、何かありましたら詳細
にご希望をお伺いいたします。
 なお、⑤と⑥のやりとりが数回なされる場合もございます。
↓

⑦完成した契約書のお受け取り

お受け取り

完成した契約書をお渡し致します。 契約書は原則、お客様および相手方様分の2部を製本した状態でお渡しします。
データ受取を希望の場合は別途ご相談ください。
なお、お渡しより3ヶ月は無償で簡易な修正サポートさせて頂いております。
↓

⑧契約の締結

契約締結

実際に相手方と契約を締結してください。 ご希望により契約書を3部作っておき、当事者が署名押印されたものを
1部当事務所でお預かりすることも可能です。
                    次のページ>>